ゾロ目のチ

本日は日中に川中島までレール工臨がありました。が、出動できず。それでもと思い川中島まで行ってみると本体が留置されていました。
180718近くで見ると遊車としてゾロ目のチ1111が目に入りました。これは一本のみの60kレールを積んだチキ6051からレールがはみ出るためで、写真にもはみ出し分が見えます。反対側はチ1160でした。ところでなぜ一本?しかも中途半端な長さだし…。
そしてその隣には標準ともいえるチキ5341+5306が繋いであり、こちらは2両にほぼぴったり60kレールを積んであります。それにしても面白い編成ですな。チ+チキ+チ+チキ+チキ。
いずれのレールも新幹線向けのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠ノ井派のEF64

暑さがぶり返した本日、昼前に篠ノ井派へ行ってみました。
180715仕業検庫にロクヨンが顔を並べていました。普段は単機が顔を見せるだけですが、連休運休があるのでしょうか、南マツから重連が回送されてきたようです。
午後には庫から出ているんでしょうねえ。原色も来ているようで、行きたいのですが、約束があり、家で待機中です。
EF641022+1020、1034、EH200-?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3500系試運転に遭遇

先週から咳、喉の痛みが続き、体調不良。原因は暑い中、冷たいものの飲みすぎらしいです。
で、本日は久しぶりに長電へ。
180713_2須坂駅北のイオン駐車場でカメラを構えると早速踏切が鳴り、526列車8500系が来ました。この列車が須坂駅に到着すると再び踏切が鳴って、今度は須坂駅4番線から3500系O2編成が出発しました。
ん?こんな列車ないぞと思って前面表示を見ると赤文字で試運転となっていました。後で調べてみるとのんびり号送り込みのスジなので試運転列車は湯田中まで行くのでしょうか?それとも通常通り信州中野までなのかわかりませんが、長電の試運転列車はそうやたらに見ることができないのでラッキーといえましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオ三昧???

パワーアンプを取り換えてからなかなか思い通りの音が出なくてあーだこーだ試しています。
他人に聴かせるといい音だとか言っていますが、所詮どーでもいいという感じです。まあ、個人的好みの問題ですから。
180630そんな中、最近はさっぱり購入したことのないオーディオ雑誌をあれこれ眺めると目ん玉が飛び出るような価格の機器が載っています。六桁台は当たり前、七桁、八桁…つまり一千万を越えるオーディオ機器があるのですね。
アクセサリーだったらそんなにかからないかなと思ってみたもののケーブル一本がヒャクマンって。
カネが有り余ってもこんなの買わないだろうな。違いは分からんから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イオンサッポロ臨貨

日曜日には毎週恒例のイオンサッポロ臨貨が走ります。
以前は隔週だったのがここ最近は毎週となっているようです。
本日は快晴でしたので風景の良い篠ノ井線沿線にでかけようと思いましたが、暑そうなので信越線で事を収めました。
篠校近くの跨線橋から狙ってみますと変なところに大きな木が成長しており、非常に目障りです。
180624そんな中、EH200-15牽引の臨貨がゆっくりやってきました。JR貨のあずき色コンテナがほとんどでしたが、一個のみ50周年記念コンテナが入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカピカのロクヨン

本日の83レは5月末に全検出場したばかりの1023号機でした。
一応、きれいなうちに撮っておこう思いましたが、諸々の都合で北長野からの単回を狙うことになりました。
180613篠ノ井駅から篠派へ向かうところでカメラを構えましたが、フランジの軋み音が遠くから聞こえてきました。車輪を削正したばかりでまだ馴染んでいないのしょうね。
やってきた1023号機はピカピカで、特に屋根上の機器の銀色が印象的です。
でも、機関車はある程度使い込んでからのいぶし銀のようなのもいいとは思うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ110とハイレールが篠ノ井線を

昨日、小海線用のキハ110-109が長野総セを出たとのことで、今日あたり回送されるのではとのこのこ出かけてみました。
-109は何度か撮っているのですが、最近タイミングのよいネタがないので…。
180531ところがやってきた列車はキハ110の後ろにハイレール1375の2両が付いているではありませんか。
いつ長野へやってきたのかも知りませんでした。
姨捨停車があるので、どうせならと足を延ばしました。ただ、雨が強くなってきました。
しなの8号に追い越され、2237Mと交換で出発していきました。
1805311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに原色ロクヨンを撮る

ロクヨンの内、今年3月に原色で全検出場したEF641022が最近、長野方面に頻繁に来ています。
キレイなうちに撮ろうと思っていたら、なんだかんだで行けなくて、今日、ようやく出かけられました。
ロクヨンでは1028号機も原色化していますが、最近は伯備線運用に就いているので、こちらはもうしばらく待つ羽目になりそうです。
そして、現在、全検入場している1023号機は本日出場しそうなので、こちらも気にしておくことにしましょう。
180529誰もいない自分の定番場所で撮った後は篠ノ井線沿線に行きましたが、同業者が多くカメラを構えていました。皆、おはようライナー狙いのようです。塗装したてで、きれいですからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真空管ハーモナイザーキット

オーディオ月刊誌の別冊で”快音!真空管サウンドに癒される”が今月発売されました。
1冊1万を越える本ってどんなものかと思案中にネットでは品切れ。しばらくしたらまた出ているので早速注文。
届いたものは本体が僅か24ページで付録にオーディオメーカーのラックスマン製真空管ハーモナイザーキットがついていました。
どういうものか…。音が真空管サウンドに変わるのだとか。元々、真空管で聴いているので意味はないのかとも思いますが、CDにこのようなものをかませたら少しはCD臭さが無くなるのかと。
キットは完成済みの基盤を取り付けてシャーシをネジ止めするだけ。ネジが相当堅かった以外は簡単で、1時間くらいで完成しました。
180527回路図を見てもわかりませんが、真空管(12AU7)が1本が付いていました。前面はわざわざ真空管が見えるようになっていて赤い光(LED)で演出しています。まあ、これが電源ランプということなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユメリア通りのとある喫茶店

長野駅東口のユメリア通りにある小さな喫茶店。
180527その名は”Widow's Record"。名前の通り、亡き夫が集めた大量のレコードがおかれ、それらを聴くことができる喫茶店です。
そのほとんどが洋盤のブルースやソウルで、中にはかなりレアものがあるようで、LP盤はもとよりEP盤やSP盤もあります。当然レコードプレーヤーは78回転もできます。
スピーカは小さなJBL製で、通常はBGM的に流れていますが、条件次第では独り占めもできます。
気さくに話せる女性店主がお待ちしております。

店のサイト

店主のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«長野電鉄交換駅縮小