ピカピカのロクヨン

本日の83レは5月末に全検出場したばかりの1023号機でした。
一応、きれいなうちに撮っておこう思いましたが、諸々の都合で北長野からの単回を狙うことになりました。
180613篠ノ井駅から篠派へ向かうところでカメラを構えましたが、フランジの軋み音が遠くから聞こえてきました。車輪を削正したばかりでまだ馴染んでいないのしょうね。
やってきた1023号機はピカピカで、特に屋根上の機器の銀色が印象的です。
でも、機関車はある程度使い込んでからのいぶし銀のようなのもいいとは思うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ110とハイレールが篠ノ井線を

昨日、小海線用のキハ110-109が長野総セを出たとのことで、今日あたり回送されるのではとのこのこ出かけてみました。
-109は何度か撮っているのですが、最近タイミングのよいネタがないので…。
180531ところがやってきた列車はキハ110の後ろにハイレール1375の2両が付いているではありませんか。
いつ長野へやってきたのかも知りませんでした。
姨捨停車があるので、どうせならと足を延ばしました。ただ、雨が強くなってきました。
しなの8号に追い越され、2237Mと交換で出発していきました。
1805311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに原色ロクヨンを撮る

ロクヨンの内、今年3月に原色で全検出場したEF641022が最近、長野方面に頻繁に来ています。
キレイなうちに撮ろうと思っていたら、なんだかんだで行けなくて、今日、ようやく出かけられました。
ロクヨンでは1028号機も原色化していますが、最近は伯備線運用に就いているので、こちらはもうしばらく待つ羽目になりそうです。
そして、現在、全検入場している1023号機は本日出場しそうなので、こちらも気にしておくことにしましょう。
180529誰もいない自分の定番場所で撮った後は篠ノ井線沿線に行きましたが、同業者が多くカメラを構えていました。皆、おはようライナー狙いのようです。塗装したてで、きれいですからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真空管ハーモナイザーキット

オーディオ月刊誌の別冊で”快音!真空管サウンドに癒される”が今月発売されました。
1冊1万を越える本ってどんなものかと思案中にネットでは品切れ。しばらくしたらまた出ているので早速注文。
届いたものは本体が僅か24ページで付録にオーディオメーカーのラックスマン製真空管ハーモナイザーキットがついていました。
どういうものか…。音が真空管サウンドに変わるのだとか。元々、真空管で聴いているので意味はないのかとも思いますが、CDにこのようなものをかませたら少しはCD臭さが無くなるのかと。
キットは完成済みの基盤を取り付けてシャーシをネジ止めするだけ。ネジが相当堅かった以外は簡単で、1時間くらいで完成しました。
180527回路図を見てもわかりませんが、真空管(12AU7)が1本が付いていました。前面はわざわざ真空管が見えるようになっていて赤い光(LED)で演出しています。まあ、これが電源ランプということなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユメリア通りのとある喫茶店

長野駅東口のユメリア通りにある小さな喫茶店。
180527その名は”Widow's Record"。名前の通り、亡き夫が集めた大量のレコードがおかれ、それらを聴くことができる喫茶店です。
そのほとんどが洋盤のブルースやソウルで、中にはかなりレアものがあるようで、LP盤はもとよりEP盤やSP盤もあります。当然レコードプレーヤーは78回転もできます。
スピーカは小さなJBL製で、通常はBGM的に流れていますが、条件次第では独り占めもできます。
気さくに話せる女性店主がお待ちしております。

店のサイト

店主のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄交換駅縮小

先月に行われた長電ダイヤ改正で北須坂駅と延徳での交換が無くなりました。
この両駅は94年10月のダイヤ改正で須坂-信州中野間15分間隔に伴い、交換駅化されたものです。
その後、15分間隔は終了した後もそのままでしたが、今改正でその役目を終えたことになります。
1805181北須坂に行ってみると分岐側への場内信号機や出発信号機が横を向いていて、レールは錆びていました。交換設備の撤去も時間の問題でしょう。
この際だから駅入り口を線路東側へ移して構内踏切を廃止してみたらと思いますが…。
そして、そのまま延徳へ向かいました。
行ってみたら信号機はそのままでホーム両側のレールは光っていました。交換はなくなっても両線に列車が入っているということになります。
180518ちょうど信州中野行3500系が来ました。交換はないのに分岐側に入り、乗客の乗り降りがないまま出発していきました。
その後、長野行ゆけむりが直線側を通過していきました。
結局、延徳も遠くないうちに棒線化されるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休中の篠ノ井派

連休中のEF64の運用を追っていたら、1046号機と1049号機の広島更新車が長野方面に張り付いていました。
で、昨日、今日は上りがウヤになる関係で篠ノ井にこの2両が留まっていると考え、行ってきました。
180504昼前に見た時は仕業検庫に直列に留置されていました。
連休明けから動くのでしょう。
本日は好天で、予報でも晴れマークでしたが、スーパーへ買い出しに行って外へ出たとたんに土砂降りに合いました。そして、家に帰ったら晴れ。隣のアパートでは布団が干したままに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野県最北端の駅

本日はなんだかんだで飯山線沿線に。
着いた所は長野県最北端の駅、森宮野原。日本最高積雪地点という標識が立っています。
180430時間はお昼過ぎ。時刻表を確認すると後30分位で上下交換をするようです。カメラを用意したら、早速警報機が。臨時かと思いましたが、131D越後川口行きキハ110-229が単行で到着。出発まで15分以上もあります。乗客も駅舎に降りたりして時間をつぶします。
やがて交換の136D長野行キハ110-234+226の2連が到着。上下線ともほぼ同じ時間に出発しました。
今度列車が来るのは2時間後です。
昼飯はどこの道の駅も混んでいるので、ちょっと穴場の津南町大井平のそば店にしました。繋ぎにヤマゴボウとフノリを使ったかなり腰が強い独特なのど越しが特徴のそばです。天ぷらもちょうど季節な山菜が多く入っていました。ただ、ここへ行くのはちょっと迷いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイルターミナル車

本日は好天ながらも昨日の写真を整理していたら、南松本で撮った貨物に若干の違和感が。
それは貨車の写真の中にオイルターミナルの青いタンク車が写っていなかったのです。
180428川崎貨物発の5461レには長野県内で唯一のオイルターミナル車が多く入っていて、この入換が11時ごろから行われるのですが、この日の編成は写真の通りJOTの黒タキ2両とタキ1000が2両の編成。いつも見る青いオイルターミナル車はどうなったのでしょう?
さらに黒タキの荷票には空車を示す赤丸が…。なぜ空車が油槽所方面に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M51編成を撮りに篠ノ井線へ

本日は仕事が急にキャンセルとなり、諦めていたM51編成ラストランに行くことができました。
どうせ篠ノ井線に行くならとちょっと足を延ばして南松本へ。珍しくHD300-8が来ているようだし…。
そして、午前中で南マツを後にして、篠ノ井線沿線に行くとまだ早いと思われている時間でももう三脚の列がありました。
180427どこで撮ろうか迷っているうちについに冠着まで来てしまいました。戻るのもアレなのでここで三脚を広げました。
空模様は晴れたり曇ったりで、肝心な列車が来たときはその境目だったりして、うまくは行かないもんですなあ。
ラストラン列車は冠着と姨捨で交換があるので、そのまま猿ケ番場峠を越えて善光寺平でも記録を残すことができました。
本日は特急形唯一となるN102編成の回送もあるようですが、パスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«篠ノ井派出の原色ロクヨン