EH200-901石油列車

昨年、7月頃から運用を外れていたEH200-901が最近動き出したとのこと。
今週初めには北長野運用に就き、そのままイオン臨に入っていたので、運用を追うと本日は再び北長野運用から昼過ぎの2084レに入りそう。そこで沿線に行こうと予定を立てていました。予定が崩れて危ういところでしたが、なんとか…。
170523それにしてもタンク車10両とはちょっと少なすぎ。まあ、この季節ですからしょうがないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の姨捨界隈

最近、姨捨駅が変わっているとのことで久しぶりに行ってきました。
170515まず、駅構内にある警報機無しの道徳踏切の位置が終端の方に移動していました。四季島の入線に伴うものでしょうか?試運転中に上り線が支障していたような。
かつては昼過ぎにタンク列車がバックで入線してきてこの踏切を塞いでいましたが、現ダイヤでは桑ノ原信号所で特急退避をしているので姨捨には入線しません。
ところでこの道徳踏切は篠ノ井線の本線上にも同名の踏切がありますが、踏切番号が違います。さらには当然ですが距離程も違います。
その後、駅の中に入ってみたらこ線橋は小奇麗になっているし、件のバーも当然できていました。はやくここで一杯やりたいなあ。
1705151本日は晴れていて善光寺平もよく見えました。心地よい風にあたりながら姨捨ホームから眺めていたら突然時刻表にない列車が…。小海線車両(キハ111+112-110)の回送でした。現ダイヤは姨捨退避なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵コンテナの模型

最近、TOMIXよりHOの冷蔵コンテナが発売されました。
私有のUR19A形で今回はスカイブルーがデザインされたタイプ。以前発売のピンクデザインも購入済みなので同じコンテナ車に積み込んでみました。
170426で、なんで色違いと思ったら、ピンクは両側開き、ブルーはL字二方開きの違いがあるようです。JRコンテナは形式を分けていますが、私有コンテナは色で分けている?ってことでしょうか。
今後、コンテナの新発売が続いたら、コンテナ車を増備しなければなりません。コキ108でも出ないかなあ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂城の入換機また新車

昨年10月にスイッチャーが新車となった坂城に昨日行ってみると、またまた新しい機関車が登場していました。
170423新しい機関車は鮮やかな青色で、番号はDB252。銘板類を見ると昨年登場のDB251と同じ仕様のようです。
製造番号は3694-LD1、製造年月は2017年4月でした。
なお、今まで使われていた薄緑色のDB251はどこにも見当たりませんでした。車庫の中?
また、昨年4月に登場して11月頃、予備機となった黄色の303もいつもの場所にありませんでした。
DB251が今後も使われていくのだとすれば新車の2台体制となります。ひと昔前ははあちこちからの転属で賄ってきたことからするとその玉がなくなり、時代が変わったのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロクヨン重単回送

毎週、週末に篠ノ井派出に現れるロクヨン重連。どのスジで回送されるのか?
170422午後に篠ノ井へ到着する8093レに的を絞りました。この列車は聖高原でバカ停をするのでそれ以遠から写真を撮ってきました。結構沿線には同業者が見られました。
ペアは数週間連続で1024+1045。何かにハマってしまったようです。
沿線は山の方は桜。里は菜の花が咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠ノ井(派)にロクヨン3重連

本日、昼前に篠ノ井派出によると、いつも閑散としている構内にいくつかの機関車が見えました。
170416中でも2番線に留置されているのはEF64の3重連姿でした。長野寄りからEF641046+1024+1045。
現在、重連は南松本以北には定期運用がないので、週末運休に伴う仕業検査の関係ではないでしょうか。
この3重連は本日の80レのスジで回送されるのだと思われます。かつては月曜の午後に3重連運用がありました。
さらに0番線に留まっているEH200-4も仕業検査のため、南松本から回送されてきたようで、本日辺り再び回送されるのでは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チビロクの活躍

170409本日、野辺山からレールチキの返空がありました。
昨年は行けなかったので今年は、と思い、篠ノ井線沿線に出かけました。
巷の噂ではDE10が長野に転属してくるらしいとかで、いよいよDD16の置き換えかとも考えられます。
飯山線ではすでにDE10が入線しているので、あとは小海線にDE10が入られるかでしょうか?
DD16最後の11号機はチキ6176+6172と思いのほか速い速度で篠ノ井線を下っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOMIX製タキ1000が来たけれど…

170401TOMIXより発売となったHOタキ1000が突然配達されてきました。つまりは予約したまま忘れていたのです。
タキ1000はKATOからも出ていますが、今回はテールランプ付きがあるので迷わずこちらを。その分、お値段が高いのですが…。
KATO製と比べてみます。
タキ1000は台車や配管類の違いがあるはず。どうやらTOMIX製は-853以降で、KATO製は台車補強がある-402以前のタイプのようです。
実物のタンク体はタキ43000より大きいはずなのですが、KATO製のタキ43000より小さく見えます。どちらが正確なのか…。
なお、コロ軸はKATOのように回りません。
そして、まだパーツの取り付けやインレタ張りも済んでいないというのになんということかテールランプが突然外れてしまい、中のレンズ共々バラバラに!修復不可能になり、メーカーへ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄N5編成解体中

170327最近、長野電鉄のOS11編成やED5001が解体終了に伴い、他のステンレス車は解体されないのだろうと勝手に思い込んでいたら、3500系N5編成が解体されていました。本日の午前中の段階では窓枠が外されていて、ニブラはまだ動いていないようでした。すでにアスベストの撤去は終わっているようで、内張りは無くなっています。
N5編成は屋代線廃止頃、運用から外れ、プレート類を取り外されたまま須坂で留置中でした。
今後はすでに運行に就いていないO6編成辺りがどうなるのか気になります。ただ、こちらはプレート類はついたままです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長野電鉄解体状況

長野電鉄須坂駅で解体されている車両はどうなっているのか?
昨日仕事のついでに行こうと思っていたのですが、諸々の関係で行けなかったため、本日、午前中に行ってみると…。
170315一週間前に解体中だったOSカーはすでに姿がなく、ED5001も車体はなくなって台枠以下だけが残っていました。その台枠も一部が切り取られたところでした。
早いような、いや、信濃川田で解体された3500系なんてもっと早かったのです。
ところで解体場所の横にある国道の旧10号踏切に未だ一時停車する車があって、追突しないかひやひやしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ロクヨン原色が行く