« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

本日の信越線

本日は幕張の113系廃車回送があるとのこと。
060831_1
昼に豊野駅に行ってみると3番線に茶色EF6441牽引の浪漫がありました。これを撮影すべく、豊野-牟礼間の築堤にいくと、ふと後ろから113系廃回が行ったのです。いつもの時間より遅い感じでした。
やがて、撮影者が続々と集まり、浪漫の前に新潟地区の127系が回送され、しばらくして浪漫が走り去っていきました。浪漫はどうやら、豊野-黒姫間での連結関係の訓練運転のようで、そう言えば、朝、長野駅でも茶色のEF64が入換を行っていました。
わずかの時間に普段と違った列車が3本も撮れるというおいしいさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF64解体準備始まる

先日のEF64謎の入換はどうやら解体のためのようです。解体業者が鉄板を敷き始めていました。060826_2

新たに13号機がやってきて庫から顔を出す形で留置されています。横へどかされた形の18号機は解体を免れるのでしょうか?ちなみに18号機の2端側の台車が比較的新しいのでその絡みかもしれません。(1994年川重製)
篠ノ井(派)の様子はEHが3、4、901。EF重連が59+62、74+33。単機は22。検修庫付近は60、40+20、49、61。、材料線には45、51、44が並んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃車EF64謎の入換

060823_1
本日、仕事前に篠ノ井へ寄ってみると、駅南方の旧検査庫のシャッターが空いていました。やがて、篠ノ井(派)の方からDD16がやってきて、ここに保管されている廃車車両の内、EF6418、23の2両を引き出して、隣のDD16ラッセルヘッドの前に18号機を連結留置。23号機は再び、庫の中に。
何のための入換か分かりませんが、解体や回送の準備の可能性があり、しばらく気に留めておく必要がありそうです。
篠ノ井(派)構内はEHが2、6、10。EF64重連が68+70、15+67。単機が20、22、49、51、60と休車、廃車車両でした。20+40のコンビは解消されたようですね。
検修庫の中にはジャッキアップされたDE15(前面ナンバー無)が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄須坂にて

ゆけむりが全検に入っていると聞いて、須坂に行ってみました。が、NAGATEC内にゆけむりは全く見えず。編成をバラされて奥のほうに入っているのかな?。連接車は大変なのでしょうね。
060821
車両群は未だ非冷房の3520系や8500系の第4編成、さらにはもう本線走行は見られないED5000が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アツ~イ日

昨日の最高気温は36度を越していました。
060819_1
そんな中、篠ノ井へ行ってみると発車間近の5764レがいましたが、ご覧のように前面貫通路は開けっ放し。そんな横をEH200牽引の2086レは颯爽と出発していきましたが、5764レは積車のせいか、それとも暑いのか(?)重たい足取りでした。
この日の篠ノ井(派)はEHが2、10、11。EFは重連が30+77、54+55。22+48はバラされ、22は交検庫に、後は50、51、60と休車、廃車機でした。
また、DE10の動車色が2両見えました。そのため篠ノ井駅の入換がDD16のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油類専用タンク車

石油系を運ぶタンク車にはガソリン専用とガソリンを除く石油類専用の2種類があります。最近はA重油までガソリン専用車で運ぶことが多く(臨時種別変更)、石油類専用車がめっきり少なくなってきました。
昨日、見た、しなの鉄道坂城発着の列車(2085レ、5774レ)はいずれも17両編成でしたが、5774レにタキ43000が1両入っていた他はタキ1000でした。その内、2~3両を除く、多くが臨時種別変更されているのです。Taki44000
一方、長野向けの貨車が篠ノ井に留置されておりましたが、こちらは2両とも石油類専用車のタキ44000でした。車票によると8/11に根岸を出たようですが、お盆中はここに留置されているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野空襲の跡がある駅

終戦間近の昭和20年8月13日、長野は米軍の艦載機により、空襲を受けたと聞きます。長野飛行場や長野駅、長野機関区は被害も多く、さらには篠ノ井駅、大本営が置かれた松代も被弾したようです。
無人駅になってからどれくらい経つのでしょうか、長野電鉄信濃川田駅の待合室の天井にはその当時の弾痕が今でも残っています。二度とあってはならない戦争をちょっと語るように…。
Shinakawa
写真の左上と右下に黒い穴があるのが見えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本日の篠ノ井(派)

台風接近で雨の予想が一転快晴。
篠ノ井派出には貸出機等が続々帰ってきて、検修庫回りにロクヨンが集結しています。
060809
そんな中、最近全検上がりの68と70号機が重連を組んでいました。今これが実際運用に就けば、それなりに人気はあるでしょう。
この日の様子はEHが4、10、901。ロクヨンは59+62、78+67、63とお休み中(?)の68+70、51、58。廃車及び保留車の13、44、45、61。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯田中駅の改良

長電の湯田中駅がついに改良されます。1000系入線に伴うものでしょうが、あの特徴あるミニスイッチバックや前後にある留置線も用無しとなるのでしょう。
0608yudanaka
写真で見る限り、右の1番線の線路をそのまま直線状にして、左の駅舎側のホームを拡張すればいいように思われますが、若干はカーブしないと踏切からそれてしまいそうです。
ちなみに廃止となる踏切の交通量は結構多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州中野にB編成移動

昨年廃車となって須坂に留置されていた特急B編成が信州中野に移動していました。東急8500系がさらにやって来たので手狭になるからでしょう。
また、湯田中駅で温泉の待合所に利用するとか報じられていましたが、その前準備なのでしょうか。
ちなみにこの留置線にはかつて国鉄の客車が乗り入れていた頃、留置され、その愛称から高原線といわれていたとか…。
06081nakano_1
ヘッドマークを外され、哀れな姿の横を元東急8500系が通り過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »