« 中塩田の保線用車 | トップページ | 下之郷付近の西丸子線跡 »

下之郷電車区の裏側

07031421986年1500V昇圧時に上田原から下之郷へ移設された電車区の裏側にはいろいろなものが見えます。方向幕に桜木町と表示されているクハ5251にはパンタが乗せられていました。東急の社紋と共に東急時代を表しているのでしょうか。同じステンレスの中間車デハ5211の替わりに倉庫に使われているようです。その隣にはクハ7550が履いていたパイオニア台車が残っています。この台車、クハ7551には未だに使われているようで、その乗り心地も試して見たい気がします。
上田原電車区の裏にも元善光寺白馬電鉄や丸子鉄道のガソリンカーの車体が資料庫として残っていたのは懐かしい思い出です。

|

« 中塩田の保線用車 | トップページ | 下之郷付近の西丸子線跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/14260214

この記事へのトラックバック一覧です: 下之郷電車区の裏側:

» 長野電鉄 [長野電鉄]
長野電鉄に関するサイトです。必要な方のみごらんください。 [続きを読む]

受信: 2007/03/14 17:35

« 中塩田の保線用車 | トップページ | 下之郷付近の西丸子線跡 »