« 209系クハだらけ… | トップページ | 平行在来線 »

篠ノ井(派)の残存機

最近発売された、各種鉄道雑誌によると塩尻機関区篠ノ井派出のEF64はわずか3機になってしまいました。
他は検査期間のあるものは愛知機関区へ転属。残りは更新機も含めて廃車となっています。080522
もっとも、3両が残っていること自体、不思議なのですが、思い起こせば篠ノ井機関区が開業した頃、DD51が残っていたことがありました。
で、残りの機関車はというとこれがなぜか検切れ間近の69号機が含まれています。20、64はまだ期限があるのでわかるのですが…。
廃車になった更新機の内、48、50、62は更新後、一度も全検を受けずに廃車となりました。更新時、1~2回の全検期限を延ばすためといっていたような気もしますが、時代が変わったのでしょうか。

|

« 209系クハだらけ… | トップページ | 平行在来線 »

コメント

EH200, 18号機も投入されました.
このままどんどん増えて,EF64を置き換
えていくのでしょうね.

投稿: EF65-1111 | 2008/05/23 22:01

EH200は今月下旬には19号機が投入されそうです。例年に比べ、早いですね。

投稿: ヒマな時の雑記帳 | 2008/05/24 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/41285388

この記事へのトラックバック一覧です: 篠ノ井(派)の残存機:

« 209系クハだらけ… | トップページ | 平行在来線 »