« 篠ノ井(派)の残存機 | トップページ | EF6467の幸運 »

平行在来線

今朝の新聞各紙には北陸新幹線の長野以北の開業に伴う平行在来線の収支試算が載っていました。
JRそのままか、あるいは第3セクターに委譲するのか?今後もその論議が続くことでしょう。
080531さて、この平行在来線というと長野-飯山間は正に文字通りなのですが、こちらはあまり論議されていないようです。新幹線で長野-飯山間が10分もかからないとすれば通勤にも有効です。元々、飯山線が残った最大の理由はピーク時の乗客が多かったからと記憶しています。
となると、同じJRが新幹線と平行している採算割れの路線をそのまま維持するとは考えられないのですが…。


|

« 篠ノ井(派)の残存機 | トップページ | EF6467の幸運 »

コメント

平行在来線問題・・・信越の大きな課題ですね。
飯山線は確かかなり前にJRで存続となっていた覚えがあります。
(北陸新幹線の並行在来線はあくまで信越本線とのこと)

長崎行き新幹線では地元の働きかけの影響もあり、JRでの列車運行存続(期間限定ではありますが)という決着も見ています。
30年前の整備新幹線誘致モデルとは経済・社会状況も異なりますから、行く先を考えて行きたいものです。

投稿: とくぞー | 2008/06/14 22:03

飯山線は新幹線開業により、明らかに影響を受けると思われます。したがって、たとえ、JRで存続が決まっていても安心できない状態ではないでしょうか?ましてや、信越線をJRでとなるとその身代わりとなる可能性もあると思いますが…。

投稿: ヒマな時の雑記帳 | 2008/06/15 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/41378074

この記事へのトラックバック一覧です: 平行在来線:

« 篠ノ井(派)の残存機 | トップページ | EF6467の幸運 »