« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

本日の篠ノ井界隈

先日、篠ノ井(派)で見た、南松本常駐のDE101526は検修庫の中に入っていましたので、何かしらの不具合があったと思われます。
090725そのため、奥には東新潟区のDE101689が留置されていました。ちょうど一年前にも同機が借り入れられていました。旋回窓付きDE10は1528号機が転属してからはこの地区では見られませんでした。
さらに構内にはEF641008が見えました。1週間ほど前に来たようですが、何のためでしょう?
また、本日はしなの鉄道臨貨が走っていました。EF6453+77と3両のタンク車と言う編成です。平日は北長野で昼寝をしている姿が多いのですが、このところ土曜日に運転されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロクヨンごろごろ

090720本日、所用のついでに篠ノ井(派)に寄ってみました。連休中とあってどのような様子か気になっていました。
構内はEHの他にロクヨンの重連が3組見え、その内に北長野からロクヨン重連が回送されてきましたが、そのまま仕業検庫に入りました。結果、4組のロクヨンが集結したことになります。
また、奥の方には南松本用DE10が見えます。この車両、つい最近、篠ノ井に来ていたもので、南松本に回送されたばかりです。何か不具合があったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日見た石油列車

090717本日の5773レ~5462レの貨車はたったの4両でした。
定期列車がこれでは西上田の臨時貨物は運行されるはずがありません。
北長野の近くを通る度に昼寝をしている愛知区のロクヨンが見られるのですから臨時分はないと思っていましたが、定期がこんな状況だとは思ってもいませんでした。
最近になって原油価格も下がっているようで、石油製品の買い控えが起こっているのかもしれません。
逆の場合は買い溜めが起こるようなのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京堂模型店

最近、KATOから模型店の模型が発売されました。
090716そのモチーフとなったのが長野市西後町にある(有)東京堂科学模型教材社の店舗で、地元新聞やテレビで紹介されています。
私が小学生の頃、祖父に連れられてプラモを買ったのが最初ですが、それ以前から存在そのものは友達仲間で知られていました。プラモそのものは近くの店で買うことが出来たのですが、やはり、東京堂で買ったというと何か自慢げなものでした。
店舗の奥の棚には鉄道模型がずらりと並んでいて、部品もかなりあり、ギア一個から購入した覚えがあります。
最近は通販で買うことが多くなりましたが、久しぶりに前を通ってみるとその佇まいは小学生の頃となんら変わりはありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

北長野に209系疎開留置

090709北長野の上り5番に209系が留置されています。
この編成は先月末に回送されてきたウラ32編成のうちの6両で、房総向け改造のための留置と見られます。
かつてここにはあずさのE257系化時に183・9系が留置されていたこともありました。209系が東日本管内各地に留置されていくにつれ、いずれここに留置されるのではと思っていました。さらに増殖しそう…。
ちょうどお昼頃行ったので、DE10や昼寝中のロクヨンセン原色が一緒に見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながでんビアトレイン

090708今では3600系唯一の定期運用(?)である、ながでんビアトレイン。
昨日に続いて3600系L2編成が本日も走っていました。
長野-小布施を往復します。何年か前に乗りましたが、その時は久しぶりの知人に会ったり、やたら酔っ払ったような気がします。もちろん長野到着後、そのまま帰りました。
ところでヘッドマークは今まで垂れ幕だったような気がするのですが、今回はいかにもヘッドマーク然としたものが付いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯨特急

長野電鉄に唯一残る3600系のL2編成。
090707本日は2000系A編成の代走として夕方の運用についていました。最近は定期運用は無いようなので、久しぶりに見ることが出来ました。
相変わらず、特急表示はショボイのですが、ヘッドマークステーが付いている編成もあることだし、鯨特急としていつまで続くのか気に掛けることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北長野に原色ロクヨンセン

本日、北長野近くの跨線橋を渡っていたら、原色の機関車がちらりと見えました。
昨日、愛知区の原色重連が北長野入りしたのは確認したのですが、そのまま留置されているはずはありません。
090706急遽、南口に行ったらなんとEF641000の原色重連(1040+1041)が見えました。
今年度当初、高崎機関区から愛知機関区へ4両のロクヨン千が転属となっているのですが、故障が相次ぎ、なかなか運用に入られなかったと聞きました。今後も何事も無く定期運用に就けるのでしょうか?
確認した時間が10時半頃だったので、本日のしなの鉄道臨運用は無いようです。もし、それがあったならば、篠ノ井(派)で新旧ロクヨン原色重連が見られたはず…。また、今日の8560レは原色かな?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長野電鉄のレール輸送

090702本日昼前、時間調整で長野電鉄沿線にいたら、モーターカーに押されたレール輸送の工事列車が走り抜けていきました。先頭にはレールの上に胡坐を掻いた監視員(?)がいて、インカムでモーターカーと連絡を取っているように見えました。
モーターカーは92年富士重製の16t機(TMC300)No3です。屋代線神田川橋梁架け替え終了後、払い下げを受けたもののようで、番号からして3代目なのでしょうか?
今から数十年前、やはり沿線で突然、砂利輸送の工事列車に遭遇したことがありました。当時はまだダンプトロッコがない頃で、平台車に置かれた木製枠の中に砂利が入っていて、現場でその枠を取って人海で降ろしていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD16ラッセル廃車回送

090701本日は雨の中、篠ノ井-長野間にDD16302の回送が運転されました。廃車回送とのこと。
昨年から飯山線、大糸線に新しい除雪車が配備されたため、長年両線の除雪に活躍したDD16ラッセルの処遇が気になっていました。他のDD16ラッセルも気になるところです。
この前に篠ノ井(派)を覗くと一ヶ所に集められていたラッセル群はまた今までどおり、バラに置かれていました。
また、なぜか愛知区のEF64重連が入っていました。しなの鉄道臨貨は無いのに…。
なお、篠ノ井のタンク車入換えは北長野からのDE10ではなく、昼過ぎ、篠ノ井から出区したDE10で行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »