« DE15回送準備完了 | トップページ | DE101592が篠ノ井に »

カメラータ長野特別演奏会

091220毎年、今頃行われているカメラータ長野の演奏会。今年は20回目の記念演奏会とかで、指揮者松下氏がもう一つ指導をされている文京区民オーケストラと合同の演奏会となりました。
前半の曲目はRシュトラウスの管合奏とモーツァルトの協奏交響曲で、この団らしい曲目です。
後半は今までと打って変わってラフマニノフのピアノ協奏曲2番。ピアノ独奏は松下氏の奥様である土屋律子さんでした。土屋さんのピアノは30年位前に室内楽を聞いたような気がします。
最後はチャイコフスキーの序曲1812年。狭いステージに奏者が所狭しと並んでいて、今までに無い風景でした。大砲が使われるのか期待しましたが、バスドラムでした。ただ、狭い会場ともあってかなりの迫力。来年からは今まで通りの小編成に戻るようで、それにも期待したいところです。

|

« DE15回送準備完了 | トップページ | DE101592が篠ノ井に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/47069111

この記事へのトラックバック一覧です: カメラータ長野特別演奏会:

« DE15回送準備完了 | トップページ | DE101592が篠ノ井に »