« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

信濃川田のN4その後

100131今月18日に信濃川田へ回送されたN4編成がどうなったのか見てきました。
2週間も経っているのでてっきり解体されたと思っていましたが、まだ3514の姿は見られました。一方、3504はすでに解体され、台車のみとなっていました。アスベストの除去に時間がかかったのでしょうか。
このFS510台車を使っているところは全国的にあるので、台車や部品が他社に譲渡されるような話を聞きました。どこも予備品の確保に苦慮しているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆけむり運転再開

1001261先週から連接部分の点検により、運用を外れていたゆけむりは本日より運転再開されていました。
運用に入ったのはS2編成のようで、点検の結果、安全が確認されたとか。3Aからの運用でした。
一方、S1編成は来月下旬まで重要部検査を行うようです。その間、2000系の代走が続きますが、昼間に現在と過去の看板車両の乗り比べも出来るわけです。いかんせん、その違いは明らかです。それにしても重検でこれほど長くかかるという事は連接車固有の問題なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bフレッツ切断

本日、昼前に家に居る親父が「パソコンの矢印カーソルに子供が付きまとってネットにつながらない」とのこと。
まさか、新種のウイルスにかかったのかと行ってみると、付きまとっている子供というのは砂時計のマークでした。
ただ、ネットにはつながらなくて、ルータをよく見たらPPPや光電話のランプが付いておらず、NTT修理に連絡してみました。いろいろ調べてみたところ断線等が疑われるので、原因究明に来ることになりました。
ところが、午後、連絡先とした私の携帯に工事業者と名乗る人から連絡があり、突然、「この度はご迷惑を掛けまして…」と。どうやら、近くで工事していた際のミスと判明し、家に行ってみると復旧していました。
それほど長い時間(約3時間)止まった訳ではありませんでしたが、今だこんなこともあるんだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日なのに貨物運休?

100122本日、篠ノ井駅横を通りましたら平日でもあるのに側線にタンク車が留置してありました。
ひとつはOTとJOTの混結で5462レでよく見られる編成です。もうひとつは隠れてよく見えませんでしたが、OTの編成と思われます。
篠ノ井派出に行くとEH200が3両並んでいましたので、たぶん西上田関係の列車運休があったのでしょう。
ちなみに本日は5774レと2085レは動いていましたが、8465レはウヤでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄1000系ゆけむり全面運休

長野電鉄1000系が臨時検査のため、当分他の車両で代走との知らせが長野電鉄のwebページで発表されています。
今朝の朝日新聞によると小田急の連接車7000系、10000系の連結部分(連接部分)に傷が発見され、これら全編成の運転休止とのことで、同じ車両のゆけむりも検査の必要があったのでしょう。
なにか航空機のリコールのような感じがしました。
この元小田急のロマンスカー導入は確かに話題性があってそれなりに長野電鉄に貢献はしたのでしょうが、結果的に昼間の特急しか使えなかったりすると50年も朝から夜まで走り回った2000系と比べ、果たして将来、どのように対処されるのか、今回の事も含めてちょっと心配でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄N4編成が信濃川田に

100118本日、午前中に須坂から信濃川田に向けて昨年4月に廃車になったN4編成が解体のため、回送されました。まだ、クーラーが新しく見えます。牽引車はO2編成でした。
N4編成は3514に散髪屋の広告ステッカーが張ってあり、○ラージュ号と巷では言われていました。また、一時期吊り掛け車両と思っていた人がいたくらい、かなり独特の走行音を発していたこともありました。
あと、信州中野にL3編成が留置されているので、これも近々解体と思われます。
ところで、今までも解体が行われると、その後、何かしらの車両が入ってくるのですが、今回は何が入ってくるのでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

EH200による貨車入換え

この季節、石油輸送は活気があります。
臨時の8465レが毎日のように走り、その継走の8764レは篠ノ井でさらに貨車を連結して西上田まで向かいます。
100116本日の8465レは坂城行きのタキ1000が4両と西上田行きタキ38000、43000が7両で篠ノ井に到着。EH200は機回しをして8465レの最後尾に付き、坂城行きを残して普段、DE10しか入らない引き上げ線に入ります。そして、朝方5463レ→5772レが残した5両の貨車に連結、計12両となって8764レになるわけです。西上田向けは最大で12両のようです。
このような光景は毎日のように行われているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロクヨンゴロゴロ

本日は篠ノ井線8560レに原色重連が入ると踏んで篠ノ井近辺に出かけました。
100111篠ノ井(派)に寄ると愛知区と高崎区のEF64が合計4ペア見えました。やがて、仕業検庫に入っていたEF641043+1036のペアが検査終了。入換えを行い、留置線に並びました。その前に交検庫に入っていたEH200が出区したため、構内はEF64がズラリと並ぶことになりました。
その内に1040+1041のペアが出区。8560レとなって篠ノ井線を爆走していきました。
DE10は最近、東新潟から来た1592は相変わらずそのまま、北長野からは1723が担当していました。1689は検庫の中です。
本日は休日なのに思いのほか鉄ちゃんの姿が見られませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EF644重連でテツ初め

100103新年はやはり篠ノ井線のEF644重連からテツ初めとなりました。
今年こそ元日の4重連回送をと思っていましたが、前日いや前年の深酒が原因で起きられず、本日となりました。
昨年末に篠ノ井区にとどまっていた愛知ロクヨンは1組のみでしたので、果たして4重連はあるのかと思っていました。1日までに2組と1組が篠ノ井に集結していたため、本日出かけていきました。今年は雪景色でした。
果たして来年はこの光景が見られるのでしょうか。
年々、このイベント(?)に同業者が増えているようで、以前はほとんど見かけませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »