« 篠ノ井線を行く湘南色 | トップページ | 小海線の車両 »

信濃川田駅跡の502が移転

150411長野電鉄屋代線廃止時に小布施から信濃川田に移転した車両の内、デハニ201とモハ604は安曇野に移されました。他はそのままで、解体かとも思われましたが、502のみはシートが掛けられていました。
その後、塗装をし直したとの話もあり、信濃川田駅跡に行ってみると502がありません。線路上にはブルーシートが脱ぎ捨てられて(?)いました。
どこに行ったのか?
1504111それは千曲川対岸にある工業団地内の某所にありました。
そして、驚いたことにどこかで見たようなポニーワーレントラスの上に鎮座していたのです。
ここにはDD16のラッセルヘッドや253系のお面も見ることができます。
とりあえず、橋も機関車もここに保存されたので、ありがたく、また、安心しましたが、本来は長野電鉄で保存すべきものと思います。

|

« 篠ノ井線を行く湘南色 | トップページ | 小海線の車両 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/61422070

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃川田駅跡の502が移転:

« 篠ノ井線を行く湘南色 | トップページ | 小海線の車両 »