« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

富士急行向け甲種輸送

150929今年、3月から4月にかけて輸送された元JR東海371系が長野総合車両センター内のJR東日本テクノロジーで富士急行向けに改造されていましたが、本日甲種輸送されました。編成はJR東海から来た時のように先頭車同士を付けた形態ですが、3両になっていました。
今まで富士急行向けは篠ノ井までがEF64牽引でしたが、今回はDE10です。どうやら大月での入換えに使用されるとかでこのまま大月まで同伴するようです。そのため、DE10は篠ノ井常駐機ではなく、この日曜日に回送されたDE101749(新)で、これは全くのノーチェックでした。ただ、この機は未撮影なので、篠ノ井での停車中に形式写真を撮ることができました。
1509291篠ノ井からEH200-5が付き、DEとの重連となりますが、発車は夜になるのでこの場を後にしました。
富士急行では8500系となるようで、塗色変更もそちらでするようです。

| | コメント (0)

野辺山工臨の返送

先週運転された小海線の野辺山工臨の返送が本日行われました。
昨年もこの時期に運転されたとかで、今年はぜひ行ってみたいと思っていました。
150924どうせ行くならと坂北-聖高原で撮影後、聖高原のバカ停を利用して駅近くの食堂で昼食。その後、駅裏に回って停車中の姿をパチリ。
付近で撮影をしようと思いましたが、雨がひどくなって来たので、山越えをして善光寺平方面へ帰って来ました。しかし、雨はかえって強くなっていました。
編成はDD1611+チキ5366+5255+5340+5234でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠ノ井線を行くE353系

150923先々週、長野車両センターに入場したE353系は本日、松本に帰って行きました。
この日はいろいろ用事がありましたが、この列車を狙って行きました。
今後も長野で検査をするときに行き来することでしょう。
ちょうど沿線の稲穂が色づいており、刈り取りが行われるのは時間の問題と思われましたので、この列車に間に合うか、やきもきしていましたが、何とか間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DE101662帰る

150920篠ノ井常駐のDE101592の定期検査に伴い、その代替として篠ノ井派に来たDE101662が本日の5462レで帰って行きました。
その前に本日、朝着の5463レでDE101592が帰ってきました。いずれも牽引機はEH200-12でした。
写真は5462レに向かう篠ノ井派出庫模様です。後方、微かに見えるDE10は本日の運用に入っていたDE103509です。
結局、DE101662は運用に就いたのかわかりませんが、冬季以外は暖地仕様のDE10が運行に就くのを見てみたい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF64単機回送

本日は野辺山工臨があり、その牽引機の単機回送がありました。
150915千曲市での仕事が終わり、ちょうど稲荷山付近に通りかかったので、色づき始めた稲穂を手前に撮影しました。
最近、JR東のEF64に廃車が出始めているので、1000番代を目にする機会が多くなってきました。なんといっても原色でクーラーも付いていないのが好ましいです。運転する方は大変でしょうが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD16+ビューコースター風っこが篠ノ井線を行く

150914この土日に小海線で運行された風っこ八ヶ岳高原号に使用された車両が本日、篠ノ井線を回送されました。
車両は長野のDD1611と小牛田のキハ48改トロッコ車で、小海線の急勾配に対処するため、DD16付となっています。今やDD16はこのような列車やレール輸送に使われるくらいになっています。
好天のためか沿線は大賑わいでした。
聖高原でのバカ停を利用しての追っかけはあえてせず、姨捨で蕎麦を食べ、いつもの佐野川橋梁に行きましたが、塗装工事の最中でした。
姨捨の蕎麦は経営者が代わったとかで、昔と味が違いましたし、メニューが少なく、一番食べたかった天ぷらそばがありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DE101662が篠ノ井へ

恒例(?)の篠ノ井常駐凸10の差し替えがありました。
150913本日着の5463レにDE101662が付いていました。篠ノ井到着後はそのまま推進で篠ノ井(派)に入区。9時過ぎに自力で庫の中に入りました。留置線には本日、検査のため回送されると思われるDE101592が出ていました。
そして、いつも通り、来週には検査終了のDE101592に再び差し替わることでしょう。つまり、DE101662の本線走行は見られない可能性が…。
現在、篠ノ井常駐の運行車はDE103509で、先週から運行に就いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠ノ井線を行くタラコ車

本日、長野車セ横を通った知人が構内でタラコ車を発見。本日辺り回送されそうとのことで、仕事を調整して、篠ノ井線沿線に行ってきました。小海線向けは金曜日に回送されることが多いのでかなりの可能性はありました。
150911沿線で待つことしばし、遠くからタラコ色のキハ110-121が通過していきました。
この塗色はあまり好みではありません。キハ110系はJR東日本の標準色が一番いいと思います。慣れかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠ノ井線を行く211系6連

本日は諏訪湖で行われている新作花火大会の日。
150905例によって篠ノ井線でいつもとは変わった列車をゲットすべく、午後から沿線に張り付いていました。
まずはスタ-マイン430号9430Mが211系6連N613編成により2238Mのスジで運転。車内は空いていたように見えました。
その後、E127系の運用に211系3連や6連、E127系4連が入っていた列車もありましたが、極めつけは14時代に立て続けに行った回送211系6連貫通編成。列車番号はわかりませんが、N602、N610編成でした。たぶん、残っている115系6連貫通編成が定期運用に入っているので、これら6連はフル運用になっているのでしょう。
結果、篠ノ井線の日中には普段見られない6連貫通編成が3編成も記録に残すことができました。
ただ、N600番代の撮影はコンプリートまで、まだ、半分にも満たないですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南マツ界隈の特急撮影

久しぶりに南松本界隈に出没しました。
目的はHD300の代替機。先週、南マツ常駐の-9に代わり、-5が初めて来たとのことで、計画していましたが、仕事やら、天気やらで行きそびれました。結局、本日、行ったのですが、-5は一昨日戻って行ったようで、残念。
150904それでも界隈でカメラを構えていると新型特急車E353系が通過して行きました。東京方面の乗務員訓練とかで、一緒に見ていた親子も見慣れない特急車に見入っていました。やはり、ちょっと近未来的な感じがします。
その後、E351系、E253系をバシバシ撮っていましたが、なぜか、JR東海の383系は今のところ、興味が沸きませんでした。ちなみに2+4編成がいつもより多かったような…。こちらもそろそろ20年選手になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »