« 長野電鉄朝陽駅の信号が | トップページ | オーボエ&ファゴットデュオ »

信濃川田駅跡の車両がそろそろ解体か

長電河東線廃止時に信濃川田駅に集められた車両のいくつかは他へ保存されましたが、残りの車両はそのまま野ざらしとなっていました。
161209本日、寄ってみるとニブラが到着していてステンレス車の3500系O1編成はアスベストの撤去中のようでした。これが終わるとそろそろ解体の作業に入るのでしょうね。
ただ、2000系A編成は現地で保存ということでしたので、そのままかと思われます。
解体が始まるということはメモリアルパークとしての構想も具体化されるのでしょうか?

|

« 長野電鉄朝陽駅の信号が | トップページ | オーボエ&ファゴットデュオ »

コメント

心配しいたことが現実に。解体が始まれば一気に鉄くずというかステンレスくずになってしまうのでしょうね。河東線が健在だったころ、この地での解体は本線に影響なきよう網で仕切っていましたがまわりに何もなく解体するので作業も早いでしょう。残念。

投稿: やまおとこ | 2016/12/12 01:02

まあ、いつかはこのような事が起こり得るわけでして…。

投稿: ヒマな時の雑記帳 | 2016/12/12 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/64602773

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃川田駅跡の車両がそろそろ解体か:

« 長野電鉄朝陽駅の信号が | トップページ | オーボエ&ファゴットデュオ »