« アンプが逝ってしまった | トップページ | コカ・コーラ色115系試運転 »

カメラータ・ナガノ演奏会

第28回カメラータ・ナガノ演奏会。
180225今回はメンデルスゾーン交響曲4番「イタリア」から入りました。まあ、有名な曲です。
休憩後はラベルの「クープランの墓」。曲のタイトルからしてあまり激しい曲ではなく、元々はピアノ曲でピアノで演奏されることも多いらしいです。
3曲目のミヨーの「屋根上の牝牛」はtpの心地よいサンバ調のリズミカルなソロが印象的でした。曲最後は指揮者の松下氏が客席に向かって終了しました。
有名なイタリアがプログラム最初の演奏となり、通常とは違うような気もしましたが、プログラム全体を見るとなるほどなと感じました。このあたりがカメラータ・ナガノらしいのかな。
アンコールもまた変わった曲で、ショスタコービッチが「2人でお茶を」というヒットソングをオーケストラ曲に編曲した「タヒチ・トロット」でした。この曲のためにだけチェレスタが登場します。
ところで、今回の女性奏者達はカラフルなドレス姿でした。曲目に合わせたのでしょうか?

|

« アンプが逝ってしまった | トップページ | コカ・コーラ色115系試運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/66433426

この記事へのトラックバック一覧です: カメラータ・ナガノ演奏会:

« アンプが逝ってしまった | トップページ | コカ・コーラ色115系試運転 »