« 連休中の篠ノ井派 | トップページ | ユメリア通りのとある喫茶店 »

長野電鉄交換駅縮小

先月に行われた長電ダイヤ改正で北須坂駅と延徳での交換が無くなりました。
この両駅は94年10月のダイヤ改正で須坂-信州中野間15分間隔に伴い、交換駅化されたものです。
その後、15分間隔は終了した後もそのままでしたが、今改正でその役目を終えたことになります。
1805181北須坂に行ってみると分岐側への場内信号機や出発信号機が横を向いていて、レールは錆びていました。交換設備の撤去も時間の問題でしょう。
この際だから駅入り口を線路東側へ移して構内踏切を廃止してみたらと思いますが…。
そして、そのまま延徳へ向かいました。
行ってみたら信号機はそのままでホーム両側のレールは光っていました。交換はなくなっても両線に列車が入っているということになります。
180518ちょうど信州中野行3500系が来ました。交換はないのに分岐側に入り、乗客の乗り降りがないまま出発していきました。
その後、長野行ゆけむりが直線側を通過していきました。
結局、延徳も遠くないうちに棒線化されるんでしょうか?

|

« 連休中の篠ノ井派 | トップページ | ユメリア通りのとある喫茶店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/66733210

この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄交換駅縮小:

« 連休中の篠ノ井派 | トップページ | ユメリア通りのとある喫茶店 »