« 篠ノ井派構内を望む | トップページ | 長野方面で運用を続けるEF641024 »

トットちゃん広場の電車

安曇野のいわさきちひろ美術館隣にあるトットちゃん広場に2両の電車がポツンと置かれています。
この車両は長野電鉄で保存されていたものを2014年に移設したものです。
形式はデハニ201+モハ604ですが、なぜ604も旧番号(デハ354)にしなかったのでしょうか?
デハニ201の方はトットちゃん(黒柳徹子氏)がかつて勉強した電車の教室が再現されています。
モハ604の室内は電車の図書館になっています。こちらは上田交通に譲渡されていた姿なので、マスコンや台車もオリジナルとは違います。いずれも車内にはクーラーが入っています。現役時代は無かったものですが…。
180827安曇野の風光明媚な中に昭和初期の車両が置かれているのですが、雨ざらしなので定期的なメンテナンスが必要と思われます。

|

« 篠ノ井派構内を望む | トップページ | 長野方面で運用を続けるEF641024 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77748/67102447

この記事へのトラックバック一覧です: トットちゃん広場の電車:

« 篠ノ井派構内を望む | トップページ | 長野方面で運用を続けるEF641024 »